お勝手キャンペーン NO MISOSOUP NO LIFE

お勝手キャンペーン Produce by nana*t + Midori

★今週のおみそ汁コメント★ 1/19〜1/25

みなさん、こんにちは。
今日はまずご報告から始めます。
こちらのお勝手キャンペーン「no misosoup no life」を始めてから、
そろそろ1年がたとうとしております。
なんとかみそ汁のイベントができないかと考えて企画していたイベントを
本日、無事に都内にて開催することができました。
みそ汁バーと練り味噌ディップつきのサラダバーをご用意致しました。
明日、私も作ってみようかな♪と思って頂けたのであれば嬉しいです。

それでは、今週のみそ汁コメントです。

【クレソンたっぷりみそ汁 by中沢さん】
私はクレソンの味がだめな残念な人です…。
クレソンを三つ葉を散らすように生のまま乗せているんですよね?
サラダのほか、洋風肉料理の付け合せとしてもよく用いられている
クレソンですが、
そのピリッとした辛味はわさびと同じシニグリンという成分によるものです。
食欲増進などの効果があると言われています。
また、肉の脂肪の消化をよくするので、付け合せとしては最高。
このおみそ汁があれば、お肉料理を合わせても
胃もたれを起こしにくいはずです。

【お休み by相澤さん】
ちょいと休憩中

【お休み byながはりさん】
ちょいと休憩中

【ふだんのみそ汁 byアオキさん】
ターサイ、ほうれん草や小松菜のような青菜ですね。
名前から想像できるとおり、中国の野菜です。
日本では2月に旬を迎えることから如月菜といわれています。
アオキさんが何度か使用しているちぢみほうれん草に似ていて、
葉は厚く、しわが寄っていて、ぎゅっと濃い緑色をしています。
「ター」とは押しつぶすという意味だそうで、
実際に地面を這うように葉が広がっているため、
上からみると潰れているみたいに見えます。
カロチンはもちろんのこと、各種ビタミン、鉄分、カルシウムなどを含んでいます。
アオキさんのように炒め物や汁物の具にしても、またおひたしや和え物にしても楽しめます。

【車麩みそ汁 by轟さん】
車麩はこの間、ながはりさんが使っていましたよね?
乾物は保存がきくので、野菜の少ない冬には重宝します
(車麩は野菜ではありませんが…)。
私は車麩は新潟の特産だと思っていましたが、
そういえば、沖縄の麩チャンプルって車麩使用ですものね。
車麩は焼き麩の一種ですが、もしモチモチがお好きであれば
ぜひ生麩を入れてみてください。
ちなみに、生麩は手作りできます。
栄養士の専門学校へ通っているときに作りました。
少し根気が必要ですが、小麦粉と水、塩だけで作れますので、
チャレンジしてみてくださいね。


【今週の注目】
今週はみそ汁の王道具材が少なかったですね。
あれはいけるだろうか? これはどうか?と
試してみるとお料理の幅が広がります。
思いも寄らぬものがうまくマッチしたときの喜びは
創作料理の醍醐味だと思います。
たまに失敗するのもご愛嬌
(私は昨日、ほうれん草のカレーを作って失敗しました)。
どんどん我が家オリジナルの味を作ってみましょう。

では、来週も宜しくお願い致します。
来週で、このみそ汁ブログもいよいよ最終回です。お楽しみに。
photo by 7710misosoup - -
0
    << ふだんのみそ汁 | main | トンみそ汁 >>

    このページの先頭へ